› 薄毛に悩む女性の育毛について

薄毛に悩む女性の育毛について

以前は髪の悩みは男性特有のものというイメージが強くありましたが、近年は髪の毛のトラブルに悩む女性の数が急増しています。
ここでは女性の薄毛の特徴や対策について詳しく見ていきます。
まず、女性の薄毛の原因についてですが、これは男性とはかなり違います。
男性のハゲの多くは男性型脱毛症(AGA)と呼ばれるタイプのもので、主な原因は男性ホルモンです。
一方、女性のハゲの原因でもっとも多いのは年齢によるものです。
更年期を迎えた女性の多くはホルモンバランスが急激に崩れ、身体に大きな変化を生じます。
これによって更年期障害などの症状も引き起こされるわけですが、髪の毛にも大きな影響を与えます。
また、ストレスもハゲの原因です。
働く女性が多くなってきたことで、女性には家庭でのストレスに加えて職場でもストレスを受けることになります。
この二重のストレスが血流不全やホルモンバランスの崩れを引き起こします。
ホルモンバランスの崩れといえば、出産後の抜け毛にも注意が必要です。
女性の多くは出産後半年から1年くらいは抜け毛に悩まされることがあります。
これは妊娠中には体内にたくさんあった女性ホルモン「エストロゲン」が出産することによって一気に減少してしまうからです。
分娩後脱毛症の場合は授乳が終わる頃には自然に回復していくことが多いのですが、中にはそのままハゲが進行してしまうことがあります。
女性の中にはダイエットを日常的に行っている人も見られますが、過度なダイエットは髪の毛に大きな影響を与えます。
健康な髪の毛の場合は成長期に十分な栄養を与えられることで髪の毛が上部になりますが、食事制限をすることで髪の毛の生育に必要な栄養分が不足すると髪の毛は成長を止めて後退期・休止期に移行してしまいます。
すると、毛根の細胞分裂が行われなくなり、髪の毛は抜け落ちてしまいます。
このような原因によって女性の薄毛は起こるわけですが、女性の髪の毛のピークは20代で、30代になるとどんどん髪の毛が減っていきます。
女性の薄毛の症状も男性とは違い、男性の場合は頭頂部や生え際から髪の毛が減少していくのに対して、女性の場合は髪の毛全体の数が減少していくのが特徴です。
また、髪の毛の数だけでなく髪の毛1本1本が細くなっていくのでボリュームがなくなってきます。
髪の毛をセットしてもこれまでのようにしっかりと決まらなくなってきたと感じたら、ハゲがはじまった証拠です。
ただし、女性の場合には男性と比べてハゲが改善しやすいというのも特徴です。
というのも、男性のハゲは遺伝の影響が大きかったり、男性ホルモンの影響が大きかったりしますが、女性の場合には上記のように生活習慣などが原因となっていることが多いからです。
ですから、育毛剤やシャンプーなどでしっかりとケアをしながら、同時に生活習慣を改善することで多くの女性に育毛の効果が出やすくなります。
まずは薄毛の原因である食生活の見直しやストレスの解消、過度なダイエットをやめるなどの対策から始めてみましょう。

注目サイト


東京 自家焙煎珈琲

Last update:2019/6/13