› 髪の毛を増やす方法

髪の毛を増やす方法

薄毛が進行したり抜け毛が増えてきたりして髪の毛が気になるという人も多いでしょう。
そんな時には髪の毛を増やすために何らかの対策をしたいところですが、髪の毛を増やす方法にはどのような方法があるでしょうか。
髪の毛を増やす方法に「発毛」というものがあります。
発毛は生えなくなってしまった自分の髪の毛を再び蘇らせることを意味します。
つまり、一度死んでしまった毛根を生き返らせるということになります。
髪の毛が生えなくなってしまう原因にはいくつかありますが、栄養が不足して毛母細胞が休眠状態になってしまったり、ヘアサイクルが崩れて髪の毛が成長しないまま抜け落ちてしまったりといったことが多く見られます。
そのような状態を脱却して、再び髪の毛が生えてくるようにするのです。
発毛の方法としては「発毛剤や発毛サプリで栄養を補給する」といった方法や「超音波やマッサージなどで刺激を与えて頭皮の血流を促す」といった方法、そして「発毛クリニックで医学療法を受ける」といった方法もあります。
ただし、発毛を実感できるまでには長い時間がかかりますし、効果が実感できないこともあります。
「育毛」は今ある自分の髪の毛を太く・長く・丈夫に成長させることを意味します。
育毛の手段は発毛とほとんど同じで、頭皮の血流を改善したり、薬で栄養を補給したりといったことで行います。
発毛のようにゼロからのスタートというわけではないので、ある程度の効果を期待することができますが、効果の大小は個人差が大きくなります。
一方「増毛」は前者2つとはまったく異なるアプローチとなります。
自分の髪の毛を増やすのではなく、髪の毛に人工毛を編みこんで髪の毛が増えたように見せたり、カツラをつけたりすることで髪の毛を増やします。
この場合は効果が目に見える形で現れるという特徴がありますが、費用は高額になります。
また、メンテナンスのなどの手間もかかります。
どのタイプを選ぶかは個人の考え方次第ですが、それぞれの方法について長所・短所をしっかりと把握した上で自分の納得行く方法を選ぶようにしましょう。